考え方

働きアリから学ぶ2:6:2の法則で幸せになる為の考え方

悩む人
悩む人
職場に苦手な先輩がいて仕事が憂鬱、、、

 

職場やクラスに嫌いな人や嫌いな上司がいると上手く話せなかったり、どう向き合っていいのかわからない時などはありませんか?わたしも苦手な人はいますが、働きアリの法則を知ってから心が軽くなったので今回は皆さんに働きアリの法則を紹介したいと思います

働きアリの法則って一体何?

 

皆さんは働きアリの法則を知っていますか?心理学ではパレートの法則(2:6:2の法則)とも呼ばれています

働きアリの法則

 

  • 働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。
  • 働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。
  • よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。
  • よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。
  • よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。
  • サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

引用:Wikipedia

 

集団の中で2割のアリはよく働き、6割は普通に働きます。残りの2割のアリはサボっているような働かないアリです

この2:6:2で分かれた集団の中で普通に働くアリだけ取り出したとしても。また同じ割合で働きアリ、普通に働くアリ、怠け者のアリで分かれるという研究結果が発表されています

 

働きアリの法則

 

この法則はパレートの法則と似ていてパレートの法則は(2:6:2)や(80:20)の法則とも呼ばれています

組織全体の2割程の人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまたほとんどの利益をもたらすようになるというものである。よくビジネスにおいても使われる表現ですね

この法則を知ると何に役に立つの?という方向けにビジネス、人間関係(職場や友人)、恋愛面での考え方を紹介します

ビジネスにおける2:6:2の法則

 

働きアリの法則

 

セールスマンの方でも言える事なのですが2割の方はあまり進めなくても商品を買ってくれます。2割の方は何をどう言っても商品を買ってくれません。残り6割の方はあなた次第で結果が変わります

わたしは本業で美容師をしているのですが、季節ごとのヘアケアーのキャンペーン(トリートメントやヘッドスパなど)をしたときは大体このような結果になります

20%はやってみませんか?という一言でします!と言ってくださるお客様(VIP客)

20%は何度アプローチしても断られるお客様、60%はどちらでもないお客様です

60%のお客様にどうアプローチするかによって売り上げが変化するのです

VIP客の単価ばかり上げたとしても利益を出し続けることができません。どちらでもない6割のお客様こそ主軸に置くべきだと考えます

人間関係でも2:6:2の法則を意識する

 

どんなに人気のある有名人でも一部の人からは嫌われていたりアンチが存在しますよね?それと同じで人間関係でも同じことがいえます

2割の人はどんなにあなたが悪いことをしたり裏切ったり犯罪を犯してしまったとしてもあなたの事を好きでいてくれます。逆に2割の人はあなたがどんな高価なプレゼントを上げても素敵な事をしても苦手だったり嫌いだったりするのです

残り6割の人はどうでしょうか?それはあなたの行動次第で変わります

人間関係で働きアリの法則に置き換えると

  • 働きアリの2割→あなたの家族、友人や恋人など

  • サボっているアリ2割→人間関係が上手くいかなかった人

  • それ以外→同級生や職場の人、周りの人など

もし、今あなたが学生さんならクラスに25人いたとしたら4人はあなたのことが好きで、4人は苦手や合わない人がいて残りの12人はあなたの行動次第で割合が変わってきます

25人中4人に嫌われたとしても残りの16人に好かれるかもしれませんし、逆に4人しか好かれず16人に嫌われるかもしれません

わたしは職場でも同じことが言えると考えています

10人の少人数の職場だとすると2人は好きな先輩や同期、2人は苦手な先輩、6人はどちらでもない人

大体過去のことを振り返ってみると2:6:2の法則の割合で苦手な人がいた気がします

今の職場で苦手な人がいると仮定します。全体人数の何割くらい苦手な人がいますか?

あなたがもしも今の職場が嫌で転職したと仮定します。場所を変えたとしてもきっと苦手な先輩や合わない人は2割いると思っていた方が無難です

わたしはこの法則を考えた時に、職場の苦手な人の割合は1割程度だったので同業種で転職を踏みとどまった部分があります

モラハラやパワハラなど精神的に追い込まれている状況なら別ですが、嫌いな人や人間関係で退職を考えている場合はもう一度考え直してみましょう

恋愛面でも2:6:2の法則を意識する

 

恋人の作り方、モテ方

 

恋愛面でも同じことがいえます。あなたがモテたい!と思ったり恋人が欲しい!と思った時は自分ことを好きになってくれそうな2割の人をターゲットにしましょう

あなたの周りの人で恋人が途絶えない人はいませんか?モテていたりや恋愛上手な人はこの2割の見極めがとっても上手です。しかし、どうすれば自分の事を好いてくれる人を探すことができるのでしょうか?

答えは過去の自分が教えてくれます

今までの恋人や告白された人、仲良くなった異性の友達には何か共通点がありませんか?そこになんらかのヒントが隠されています

また、100人に出会ったらその内20人とは付き合える可能性があります。自分次第(ダイエットをしたり自分磨きをすること)で確実に付き合える20人+αの人数になるのです

わたしは恋愛が上手くいかなかった時(片思いで実らなかった時)は、2:6:2の法則の2割側だったんだな、、、と都合よく考えるようにしています←


働きアリから学ぶ2:6:2の考え方で幸せになる方法

  • 働きアリの中で優秀な働きアリは約2割
  • 働かない2割のアリも社会には必要である
  • どこにいっても苦手な人、合わない人は2割いる
  • 何かを変えたいなら残りの6割のグループにアプローチ
  • 恋愛面でターゲットを絞るなら2割で十分

今回は働きアリの法則から学ぶ幸せになる法則を紹介しました

わたしはこの法則を頭に入れることで気持ちが楽になったことが何度もありました。嫌いな人がいる人、好きな人とうまくいかなかった人も何かのヒントになれば幸いです

働きアリの法則について興味がある方はこの書籍もオススメです!


ABOUT ME
もふ
美容師×ブロガーを目指すアラサー 女子力UPで幸せな人を増やす活動をしています♡