未分類

(SNSとの向き合い方)学生ブロガーだった私の失敗談

悩む人
悩む人
TwitterやInstagramで有名になりたい!ブログで収益を得たい!!

IT社会の中で生きるわたしたち。この数年でSNSとは切っても切り離せない存在となりましたインスタグラマー、インフルエンサーに憧れる人も多いのではないでしょうか?

今回は高校生の頃美容ブロガーだったわたしが一度SNSから離れた理由をお伝えします

本記事の内容

  • SNS依存症とは?
  • SNSで有名になると幸福度は上がるのか
  • SNSをする事で得たもの、失ったもの
  • 情報発信の重み(発言に責任をもつ)
  • 疲れた時は一度SNSから離れてみる
  • 本記事の信頼性

もふについてもふ @meruru_07

中学校3年生から始めた美容(ファッション)ブログは累計30万PV超え。購読者数150人、一日500〜1000PVあった元学生ブロガーがSNS依存症だった頃の当初を振り返りSNSの運用についてお伝えします

そもそもSNS依存症の基準とは?

SNS依存症とは、俗に、ソーシャルネットワーキングサービスSNS)に頻繁にアクセスして更新の確認や投稿、友人のページへの書き込みなどを間断なく行ったり、長くアクセスしないでいることに極度の不安を感じたりする状態のことである。

SNSで友人・知人とコミュニケーションを取っているうちに、SNS上の交流が心のよりどころとなり、止めたくても止められない、片時も離れていられない、といった心理的状況に陥る場合がある。そうした状況をSNS依存症と表現する場合が多い。程度が酷くなって学校や会社に通うこともままならなくなる例がある。

出典:Webilio辞書

SNS依存症とは、インターネットの見過ぎで勉強や仕事が疎かになったり

インターネットを見ていないと不安になったりイライラしてきたりします

生活の一部ではなく生活の中心になってしまうとSNS依存症と言えるでしょう

SNSで有名になると幸福度は上がるのか

パソコン

正直にいうとSNSで有名になると幸福度はかなり上がります

高校時代、ブログとTwitterなどSNSのなかでわたしは生きていました

田舎だった為ブログをガッツリしている人も少なく、巷で有名な女子高生でした

可愛いわけでも美人でもないので、普通の子なのになぜブログで有名なんだ!あの〇〇高校の女子は!!というような感じで話題になり、先輩たちの間では変人、おかしな子として有名だったみたいです

他校の知らない女の子にも馬鹿にされた感じで「写真を撮ってください」と言われるほど知られていました

現実世界で小馬鹿にされてもいじめられても、わたしはブログを辞めたりしませんでした

現実世界でどんなに悪口を言われたってSNSの友達は褒めてくれるのです

Twitterではオクヒラテツコちゃん(ぺこちゃん)、YouTuberのくまみきちゃんにもフォローされたりしてすっかり有頂天でした

毎日毎日必死にブログ更新、夜中まで起きてTwitterに入り浸りました

わたし自身の感覚がだんだんと麻痺していたのに気付きませんでした

自分自身を第三者に認めてもらうことで得られる幸福感は他では得られなかったのです

もっとみんなに認められたい!もっと褒められたい!人間は欲深いものです

いつの間にかブログのPV数やTwitterのフォロワーばかり気になるようになりました

もっとブログで有名になる為にはどうしたらいいのかな?もっと更新しなきゃ!と勉強は疎かになりいつの間にか数字を追うことに疲れてしまいました

あんなに夢中になっていたブログは高校の卒業式の日に削除しました

高校時代の三年間。もう少し勉学に励んでおけばよかったなと後悔することもありますが依存していた時期は膨大な時間と引き換えに大切なものに気づけた時間だったと思っています

今ではスマホを触る時間を決めたり、インターネットをみる以外の趣味が多くなった為以前よりはSNSに固執することもなくなりました

SNSをする事の得たもの、失ったもの

落ち込む人

得たもの→SNS上の友達(現実社会では得られない居場所)、常に新しい情報を得られる

失ったもの膨大な時間、視力、学習能力、コミュニケーション能力

高校時代、SNSを通じて趣味のあう友達がたくさんいてとても楽しかったです

しかし、1,000人以上いたTwitterのフォロワーはもう誰一人としてお互い覚えていません

県外のブログ友達の方がたまたまわたしのInstagramを見つけてくださり、未だに仲良くしてくださっている方も数人はいます。それでも数人です

恋人や家族との時間、友達と過ごす時間はもう戻ってきません

副業で得られるお金やパソコンに向き合う時間以上に大切な時間です

今一緒に過ごす大切な人との時間を大切にしながらSNSを楽しみましょう

情報発信の重み(発言に責任をもつ)

一度インターネット上に出してしまった写真、ツイート等は一生消えません

学生の頃していたブログは過去に削除しましたが、投稿していた画像がいまだに出てくる事だってあるのです

リアルな友達とつながっているアカウントやSNSでも愚痴やマイナスな言葉はあまり書かないようにしています

疲れた時は一度SNSから離れてみる

インターネットの中の自分と現実世界の自分にギャップを感じる人もいるかもしれません

そんな時はひとまずSNSから離れてみる事をオススメします

わたしもブログやTwitterを削除した後はストレスがだいぶ軽減しました

思い切って一度離れて見ると心に余裕が出来、違うことに目を向けることが出来ます

まとめ

SNS依存症にならない為に必要なこと、向き合い方

  • フォロワー数やPV数など数にとらわれすぎない
  • 情報を発信する、発言することに責任をもつ
  • 仕事中はSNSをみないようにする
  • 他のブロガーやインフルエンサーなど他人と比較しすぎない
  • 家族や恋人、友達との時間を大切にする

今回はSNS依存症についてお話ししました。

あなたはSNSで有名になることに固執していませんか?あなたのペースで大丈夫です

疲れたら一度思い切って離れてみましょう!

人間関係と同じ、程よい距離感で付き合っていくことが大切です